なぜ、ランサーズに入ろうと思ったのですか?

ランサーズのサービスにすごい自分も助けられて、自分もこのサービスを広げたいと思ったのと、中の人達がイキイキしてて楽しそうで、ここで働きたいと思った。

前職のベンチャーを辞めたあと、ランサーとしてランサーズを使っていたので、中の人にあってみたいなーと率直に思って。
最初に友人に中の人を紹介してもらって、こんな人がいるんだ、すごく素敵だと思いました。よければランサーズにって当時の人事の方を紹介してもらって。人事の方もすごい元気で。

そのあと何人か他の方にも会ったんですけど、みなさんキャラは違うんですけど、ランサーズへの思いがアツいっていうか、これからどんどん広げたいという、そういう熱をすごく感じて、一緒にやりたいなーと思いました。

ランサーズってどういう会社ですか?

ランサーズへの思いが熱くてみんな共通してビジョンに共感しているっていうのは、1年経ってもかわらない。
それぞれみんな性格とかは違うけど、ランサーズを広げたいっていう思いは共通している。いい人ばっかりだなーと思います。

あと助け合いがアツいです。みんな忙しいけど、困ってたら助けてくれる。
ビジネス部も入った頃はちっちゃくて、3人しかいなかった。組織として全然できてなかった。わちゃわちゃしてて伝え漏れ、とか。。
一緒に成長できて、組織として創られていくのが楽しい。すごく濃い体験をしている。

私の仕事は、クライアントから案件をいただいて、それをランサーズの仕組みを使って複数のランサーさんにうまく発注して、納品していくコトで。
個人商店に近くって、裁量は大きいと思います。
そういったこと含めて、マネジメントの経験をさせてもらえているのがありがたいです。

対クライアントに対する納品スケジュールのマネジメントもそうだし、
人もどんどん増えていく中で、新しく入ってきた方がどういう体制で学ぶのかっていう教育体制を創っていったりだとか、どうやって組織を創っていくか、を経験させていただいてる。コレを1年経たずにやらせて頂いてるのはありがたい。

ビジネス部に対しては、今でも毎日感謝しています。

どんな方と一緒に働きたいですか?

ランサーズを一緒に広めたい、という気持ちの強い人がイイです。

日本で1番早くできたクラウドソーシングで、一番大きいと言っても、日本中でランサーズって言って通じる人ってまだまだこれから増やして行く段階だと思う。なので、これから組織が広めるんだって気持ちが強い人がイイ。

これからもっと組織がどんどん大きくなって行ったり、ランサーズの影響範囲が大きくなっていくっていう変化を楽しめる人がイイですし、そういう変化を自分で創るんだ、という人がイイです。

代表コメント:榮田には驚かされ続けている

第一印象は、良い意味で驚きでした。
大手電鉄会社とスタートアップを経験した榮田は、すごくよい経験のバランスをしているなと感じました。実際に話をしてみると、ものすごく頑張り屋さんで大手でのよい経験とベンチャーでのある種のゲリラ戦をしっている、ガッツだったり魂を感じました。面接当時のランサーズは、事業開発をゼロイチで立ち上げるようなサービスを開始しており、榮田のようなバランスある人材をほっしており、個人的には「この人だ」と思っていました。今では、当時の期待値以上の貢献をしてくれており、こんなにも頑張り屋さんでランサーズをここまで支えてくれる人になるとは思っておらず、心から感謝しています。

一覧へ戻る
TOP