2021年 03月 31日 お知らせ

【お詫び】『フリーランス実態調査』調査結果の誤りについて

2015年から2020年にかけて発表しておりました『フリーランス実態調査』について、「フリーランス人口」と「フリーランス経済規模」の算出方法および2018年から2021年に使用していた「4つのタイプのフリーランスの定義」の図に誤りがあることが判明いたしました。調査をご利用いただいていた皆様に多大なるご迷惑をおかけしたことを、深くお詫び申し上げます。

経緯

『フリーランス実態調査 2021』の調査結果を算出中に、以下の3点が判明いたしました。
① 2020年までの調査の対象年齢の誤り
(「20-69歳の男女」としていましたが、実際は「20歳以上の男女」でございます。)
② 2020年までの調査の80代以上の人口の一部算出漏れ
③ 2018年、2019年、2020年、2021年の『フリーランス実態調査』に掲載しておりました「4つのタイプのフリーランスの定義」の図における「自由業系フリーワーカー」と「自営業系独立オーナー」の定義の誤り
※2021年の『フリーランス実態調査』は冊子版の図に誤りがございます。WEB版は修正後の図を使用しております。

今後、誤りの周知に努めるとともに、調査を公表する際の体制を見直して参ります。弊社を信頼し、調査をご利用いただいた皆様のご期待に沿えずご迷惑をおかけしたことを重ねてお詫び申し上げます。

修正箇所

修正箇所は以下となりますので、ご利用される際は数値を修正していただくようお願いいたします。

■『フリーランス実態調査』 2015年から2020年の調査共通
<誤>
調査対象:過去12か月に仕事の対価として報酬を得た全国20~69歳の成人男女
<正>
調査対象:過去12か月に仕事の対価として報酬を得た全国20歳以上の成人男女

■『フリーランス実態調査』 2018年から2021年の調査共通
※2021年の『フリーランス実態調査』は冊子版の図に誤りがございます。WEB版は修正後の図を使用しております。
<誤>
・自由業系フリーワーカーの定義:「雇用なし、プロ意識あり」あるいは「個人事業主、プロ意識あり」
・自営業系独立オーナーの定義:「法人経営者、従業員1人」


<正>
・自由業系フリーワーカーの定義:「雇用なし、プロ意識あり」
・自営業系独立オーナーの定義:「個人事業主、プロ意識あり」あるいは「法人経営者、従業員1人」

■フリーランス実態調査 2015
<誤>
・フリーランス人口:913万人
(内訳:副業系すきまワーカー 441万人、複業系パラレルワーカー 92万人、自由業系フリーワーカー 56万人、自営業系独立オーナー 324万人)
・フリーランスの経済規模:14.3兆円
(内訳:副業系すきまワーカー 1.8兆円、複業系パラレルワーカー 1.0兆円、自由業系フリーワーカー 1.0兆円、自営業系独立オーナー 10.5兆円)

<正>
・フリーランス人口:937万人
(内訳:副業系すきまワーカー 452万人、複業系パラレルワーカー 94万人、自由業系フリーワーカー 57万人、自営業系独立オーナー 333万人)
・フリーランスの経済規模:14.6兆円
(内訳:副業系すきまワーカー 1.8兆円、複業系パラレルワーカー 1.0兆円、自由業系フリーワーカー 1.1兆円、自営業系独立オーナー 10.7兆円)

■フリーランス実態調査 2016
<誤>
・フリーランス人口:1,064万人
(内訳:副業系すきまワーカー 416万人、複業系パラレルワーカー 269万人、自由業系フリーワーカー 69万人、自営業系独立オーナー 310万人)
・フリーランスの経済規模:16.0兆円
(内訳:副業系すきまワーカー 1.9兆円、複業系パラレルワーカー 3.5兆円、自由業系フリーワーカー 1.0兆円、自営業系独立オーナー 9.6兆円)

<正>
・フリーランス人口:1,090万人
(内訳:副業系すきまワーカー 426万人、複業系パラレルワーカー 276万人、自由業系フリーワーカー 70万人、自営業系独立オーナー 317万人)
・フリーランスの経済規模:16.4兆円
(内訳:副業系すきまワーカー 1.9兆円、複業系パラレルワーカー 3.6兆円、自由業系フリーワーカー 1.0兆円、自営業系独立オーナー 9.9兆円)

■フリーランス実態調査 2017
<誤>
・フリーランス人口:1,122万人
(内訳:副業系すきまワーカー 458万人、複業系パラレルワーカー 276万人、自由業系フリーワーカー 61万人、自営業系独立オーナー 326万人)
・フリーランスの経済規模:18.5兆円
(内訳:副業系すきまワーカー 2.7兆円、複業系パラレルワーカー 3.6兆円、自由業系フリーワーカー 0.8兆円、自営業系独立オーナー 11.4兆円)

<正>
・フリーランス人口:1,148万人
(内訳:副業系すきまワーカー 469万人、複業系パラレルワーカー 283万人、自由業系フリーワーカー 63万人、自営業系独立オーナー 334万人)
・フリーランスの経済規模:18.9兆円
(内訳:副業系すきまワーカー 2.8兆円、複業系パラレルワーカー 3.6兆円、自由業系フリーワーカー 0.8兆円、自営業系独立オーナー 11.7兆円)

■フリーランス実態調査 2018
<誤>
・フリーランス人口:1,119万人
(内訳:副業系すきまワーカー 454万人、複業系パラレルワーカー 290万人、自由業系フリーワーカー 53万人、自営業系独立オーナー 322万人)
・フリーランスの経済規模:20.1兆円
(内訳:副業系すきまワーカー 3.3兆円、複業系パラレルワーカー 4.5兆円、自由業系フリーワーカー 0.8兆円、自営業系独立オーナー 11.5兆円)

<正>
・フリーランス人口:1,151万人
(内訳:副業系すきまワーカー 467万人、複業系パラレルワーカー 299万人、自由業系フリーワーカー 55万人、自営業系独立オーナー 331万人)
・フリーランスの経済規模:20.7兆円
(内訳:副業系すきまワーカー 3.4兆円、複業系パラレルワーカー 4.6兆円、自由業系フリーワーカー 0.9兆円、自営業系独立オーナー 11.8兆円)

■フリーランス実態調査 2019
<誤>
・フリーランス人口:1,087万人
(内訳:副業系すきまワーカー 436万人、複業系パラレルワーカー 280万人、自由業系フリーワーカー 60万人、自営業系独立オーナー 311万人)
・フリーランスの経済規模:20.4兆円
(内訳:副業系すきまワーカー 2.9兆円、複業系パラレルワーカー 4.2兆円、自由業系フリーワーカー 1.0兆円、自営業系独立オーナー 12.4兆円)

<正>
・フリーランス人口:1,118万人
(内訳:副業系すきまワーカー 448万人、複業系パラレルワーカー 288万人、自由業系フリーワーカー 61万人、自営業系独立オーナー 320万人)
・フリーランスの経済規模:21.0兆円
(内訳:副業系すきまワーカー 3.0兆円、複業系パラレルワーカー 4.3兆円、自由業系フリーワーカー 1.0兆円、自営業系独立オーナー 12.8兆円)

■フリーランス実態調査 2020
<誤>
・フリーランス人口:1,034万人
(内訳:副業系すきまワーカー 409万人、複業系パラレルワーカー 281万人、自由業系フリーワーカー 56万人、自営業系独立オーナー 289万人)
・フリーランスの経済規模:17.1兆円
(内訳:副業系すきまワーカー 2.6兆円、複業系パラレルワーカー 3.3兆円、自由業系フリーワーカー 1.0兆円、自営業系独立オーナー 10.3兆円)
・50歳以上のフリーランス人口:406万人
・50歳未満のフリーランス人口:628万人

<正>
・フリーランス人口:1,062万人
(内訳:副業系すきまワーカー 420万人、複業系パラレルワーカー 288万人、自由業系フリーワーカー 58万人、自営業系独立オーナー 296万人)
・フリーランスの経済規模:17.6兆円
(内訳:副業系すきまワーカー 2.6兆円、複業系パラレルワーカー 3.4兆円、自由業系フリーワーカー 1.0兆円、自営業系独立オーナー 10.6兆円)
・50歳以上のフリーランス人口:417万人
・50歳未満のフリーランス人口:645万人

※フリーランスの年齢別人口は、フリーランス人口全体の割合から算出しております。そのため、今回算出に漏れがあった「80代以上の人口」以外の年齢別人口にも誤差が生じております。
※フリーランス人口、経済規模の内訳は四捨五入しております。そのため内訳の合計値が必ずしもフリーランス人口と経済規模の合計と一致するとは限りません。

また、本日公開いたしました『フリーランス実態調査 2021』は、修正後の算出方法を使用しております。

一覧へ戻る