2021年 05月 19日 お知らせ

新型コロナワクチン接種時の勤怠対応方針について

「テクノロジーで誰もが自分らしく働ける社会をつくる」をビジョンに掲げるランサーズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 CEO:秋好 陽介、東証マザーズ:4484、以下「ランサーズ」)は、新型コロナワクチン接種時の勤怠に関する対応方針を決定いたしましたので、お知らせいたします。

対象者

正社員・契約社員・アルバイトスタッフ(試用期間中の者も含む)

対象期間

2021年5月19日(水)~2022年2月末(予定) ※政府が定める接種期限に準ずるものとします

実施内容

1.新型コロナワクチンを接種する場合は、就業時間内扱いとする。(対象接種回数上限:2回)

2.従業員が新型コロナワクチンを接種後、副反応や体調不良が発生し就業が困難な場合は、接種日当日を含め最大3日まで特別休暇を認める。(1回の接種毎に対象とする)

3.従業員の家族が新型コロナワクチン接種に際し付添や副反応等の看病が発生した場合、特別休暇を1日付与する。(1回の接種毎に対象とする)

※状況により、追加対応等を検討予定

ランサーズでは新型コロナウイルスの感染拡大状況に対応し、昨年より在宅勤務の本格導入や、オンラインとオフラインのメリットを取り入れたハイブリッドな働き方について「ランサーズスマートワーク5原則」として定める等の取り組みを行っております。引き続き社内外で多様な働き方を促進し、個のエンパワーメントの実現につとめてまいります。

一覧へ戻る