2016年 06月 09日 プレスリリース

山梨県小菅村と提携、新しい働き方のオンライン講座を開始

ランサーズ×人口約730人の山梨県小菅村
日本初
、コワーキングで新しい働き方のオンライン講座を開始

~子育て世代への仕事と暮らしの支援を、クラウドソーシング×コワーキングで提供~


日本最大級のクラウドソーシングサービスを運営するランサーズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:秋好 陽介)は、山梨県小菅村(村長:舩木 直美)、小菅村を拠点に活動するNPO法人多摩源流こすげ(代表理事:古菅 正直)の三者連携協力に関する協定を締結しました。三者は、廃校となった小学校の一部をコワーキングスペース兼コミュニティースペースとして活用し、クラウドソーシングでスキルアップしていくためのオンライン講座を2016年7月より提供していきます。また、移住者や村民が、コワーキングに集まりオンライン視聴する講座方式を通じて、地域内コミュニケーションの活性化も実現します。ランサーズと小菅村は、本事業を通じて中山間地域や山村地域、離島など地理的制約がある地域でも、新しい働き方を学ぶことができる地域モデルの確立を目指します。小菅村_LAPイメージ写真

 

 

【NewsReleaseのトピックス】

◆小菅村、人口増・・・しかし移住者への収入に課題
・子育て世代の移住者が、定住するには仕事が必要!
◆小菅村で新しい働き方セミナーを開催 6/11(土) 13:00-
◆ランサーズとの今後の展開

詳しくは下記PDFをご覧ください。
NewsRelease_ランサーズ×小菅村

NPO法人多摩源流こすげのクラウドソーシングに関する取り組み

一覧へ戻る