2016年 10月 04日 プレスリリース

Honda「MC-β」の車体デザインの試みを実施

ランサーズ、ものづくりプラットフォーム

「クラウド3Dメーカー」にて

Honda「MC-β」の車体デザインの試みを実施

~オープンイノベーションによる参加型のデザイン制作

CEATEC JAPAN 2016 にて展示~


日本最大級のクラウドソーシングサービスを運営するランサーズ株式会社(本社:東京都渋谷区、 代表取締役:秋好 陽介、以下ランサーズ)はクラウドソーシングによる個人の3Dデザイン技術を活かしたものづくりプラットフォーム「クラウド3Dメーカー」にて、本田技研工業株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長 社長執行役員、八郷隆弘、以下Honda)が開発した超小型EV「MC-β(エム シー ベータ)」の車体デザインを行いました。集合知により作られたデザインは、10/4から開始する「CEATEC JAPAN 2016」( http://www.ceatec.com/ja/ )のHondaブースにて展示されます。

 

yatai01Final Color Output0023 (1)Honda「MC-β」の車体デザインの試みを実施

【NewsReleaseのトピックス】

◆フリーランスが「MC-β 」のデザインを制作
◆10月4日から開催の「CEATEC JAPAN 2016」Hondaブースに展示

 

詳しくは下記PDFをご覧ください。
NewsRelease_Honda「MC-β」の車体デザインの試みを実施
一覧へ戻る