2017年 06月 01日 プレスリリース

企業側の働き方改革を支援する 「オープン・タレント推進室」を創設

ランサーズ、『オープン·タレント·プラットフォーム構想』実現に向け
企業側の働き方改革を支援する 「オープン・タレント推進室」を創設
~第一弾として複業を推進する「タレント社員制度」を開始~

「テクノロジーで誰もが自分らしく働ける社会をつくる」ことをビジョンに掲げるランサーズ株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:秋好陽介、以下ランサーズ) は、「Open Talent Platform(オープン·タレント·プラットフォーム)」構想の実現に向けて、企業の働き方改革や複業を取り入れたい企業向けの支援をし、社内外のタレントの活躍の場を作り、社会全体の働き方改革を推進してまいります。第一弾として、社内に、個人の活躍を支援する「オープン・タレント推進室」を創設し、当社を複業とする「タレント社員制度」を開始します。今後はこれまでにない新しい働き方のロールモデルを作り、サービスの推進につなげてまいります。

実施の背景

今年3月に政府から「働き方改革実行計画」が出され、副業や兼業の促進など多様な働き方の促進が広がっています。一方で企業側の意識には大きなギャップがあり、副業を容認していない企業がまだ半数以上存在と、働き方改革の推進には課題が残っています。(『働き方新時代の実態調査』)

ランサーズは6月1日より、個人の活躍を支援する 「オープン・タレント推進室」を創設し、社内外の働き方改革の推進に向けて取り組みを実施します。働き方改革の先進事例として当社における「タレント社員採用」を開始します。複業を積極的に推進し、才能(タレント)を持った人材を、本業・兼業の有無や雇用形態に関わらず、当社の“社員”として採用してます。社内外の才能(タレント)を開花し活躍の場を広げることでランサーズが掲げる「Open Talent Platform(オープン·タレント·プラットフォーム)」 の実現に向けて取り組んでまいります。

「タレント社員制度」とは

個人がこれまで培ってきた経験や専門スキル、人脈などを一定のスキルとして可視化し、当社の社員として採用します。今後は、複業を積極的に容認することにより、個人の活躍の場を広げ社内外の人材の才能を開花する取り組みを実施してまいります。「タレント社員制度」の第一弾として、複業研究家として活躍する西村 創一朗(株式会社HARES)を社員として迎え、「オープン・タレント推進室」を創設し、事業を推進してまいります。

【第一号「タレント社員」 プロフィール】
西村創一朗
複業研究家/働き方改革コンサルタント。1988年、神奈川県生まれ。大学卒業後、2011年に新卒で株式会社リクルートキャリアに入社し、本業の傍ら株式会社HARESを創業し、兼業起業家として活動した後、2016年末に独立。独立後は複業研究家として、企業向けに働き方改革に関するコンサルティングを行うほか、政府とともに副業解禁を推進。講演・セミナー実績多数。
西村 創一朗

ランサーズ株式会社について

ランサーズ株式会社は、「テクノロジーで誰もが自分らしく働ける社会をつくる」をビジョンに掲げ、以下の事業を運営しております。

  • 国内最大級のフリーランスデータベースを活用し、生産性を向上させるクラウドソーシング事業「Lancers
  • 誰もがスキルを活かして個人の日常の困ったを解決するシェアリングエコノミー事業「pook
  • 専門性の高いクリエイターを活用しマーケティング課題を解決するデジタルマーケティング事業「Quant
  • 仕事機会を創出し自治体の雇用や移住の課題を解決する地方創生の取り組み「Lancers Area Partner Program

「オープン·タレント·プラットフォーム」とは

テクノロジーの力で個人の働き方の可能性を広げ、スキルと仕事の効率的なマッチングによって生産性を飛躍的に向上させるランサーズの新成長戦略です。

労働人口の減少により、一人当たりの仕事の生産性が以前にも増して求められるこれからの時代に向けて、「スキルを持った個人(=タレント)と仕事をAIにより高い精度でマッチングさせることによって生産性を向上させ誰もが自分らしく働ける社会の実現を目指します。

オープンタレントプラットフォーム

取材申し込み、ご質問等のお問い合わせ先

■ ランサーズ株式会社 広報グループ 潮田(ウシオダ)、宮地(ミヤチ)、綿引(ワタビキ)

TEL:070-5079-5948
E-mail:press@lancers.co.jp
URL:http://www.lancers.co.jp

一覧へ戻る