2020年 03月 31日 プレスリリース

フリーランスと副業について調査した「企業の新しい働き方調査」の結果を発表

フリーランスと副業について調査した「企業の新しい働き方調査」の結果を発表

~大企業の約4割が「フリーランスと働くことができる」と回答~

「テクノロジーで誰もが自分らしく働ける社会をつくる」というビジョンを持つランサーズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 CEO:秋好 陽介)は、全国の20-69歳男女を対象に、企業によるフリーランス・副業の制度についての実態を調査した「企業の新しい働き方調査」を実施しました。今回の調査では、大企業の4割がフリーランスと働くことができ、副業は「社員のキャリア形成のため」といった社員の満足度の向上のために認められていることがわかりました。また、障壁を乗り越え、実際にフリーランスと一緒に働き成果をあげた株式会社エドウイン様の事例も紹介いたします。

フリーランスと働く理由として最も多いのは「業務効率化のため」


今回の調査では、フリーランスと一緒に仕事をできる企業に勤めている380人と副業が認められている企業に勤めている445人を対象に、会社の制度や制度活用度について調査を行いました。
全体の4、5割が「フリーランスを活用できている」と回答し、特に大企業が「活用できている」の割合が多いことがわかりました。
フリーランスと働く理由としては「業務効率化のため」や「人手不足解消のため」といった社内の課題を解決するための回答が挙げられました。


また、「フリーランスと一緒に仕事をする上での課題」としては「コスト・予算」や「自社解決の方が楽なため」といった回答が目立ちました。



(※中小企業庁の定義に則り従業員が300人以上の企業を「大企業」と定義しています。)

企業による新しい働き方事例:株式会社エドウイン マーケティング担当 高嶋様からのメッセージ

 ランサーズのサービスを通してフリーランスの方に広告の制作をお願いしています。
 商品が多様化していたために、今までは予算の関係で全商品へのプロモーションに力を入れることができませんでした。しかし、フリーランスの方に広告の制作をお願いしたところ、コストを抑えて今までの10倍もの成果物を作成することができ、より多くのターゲットに訴求できるようになりました。
 今まで制作会社を通して広告の制作をお願いしていたので最初は不安があったのですが、フリーランスの方の経歴を見たり、じっくり話をする中で不安も取り除けました。成果物の品質も高かったです。また、フリーランスの方に週に3回会社に来てもらい仕事をしてもらことでセキュリティの面でも安心してお願いすることができました。

副業を容認する理由として最も多いのは「キャリア形成のため」


企業が副業を容認する理由としては「キャリア形成のため」「モチベーション向上のため」といった理由が挙げられ、社員満足度の向上や福利厚生の一環として副業が認められていることがわかりました。

大企業が副業を認める理由は中小企業と比較して「社外からのノウハウを得るため」「組織活性のため」が多く、組織の中に新しい気付きを取り入れ事業成長に繋げることを期待しているものと考えられます。


一方、副業を容認しないケースとして大企業は特に「本業に支障をきたさないか」「情報漏洩しないか」という点を懸念する声が多く、外部の知見を取り入れながら本業に支障をきたさないためのルール作成が必要とされます。


「新しい働き方についての調査」詳細

調査の詳細は、こちらよりご確認いただけます。

ランサーズ株式会社について

ランサーズは、テクノロジーの活用によって個人の「働く」をデータベース化し、あらゆる個人を広義のプロフェッショナルに変える「Open Talent Platform(オープン・タレント・プラットフォーム)」を構築することによって、当社のミッションである「個のエンパワーメント」を実現して参ります。

「テクノロジーで誰もが自分らしく働ける社会をつくる」をビジョンに掲げ、以下の事業を運営しております。

■フリーランスに直接発注「Lancers
■厳選フリーランスを紹介「Lancers Pro
■常駐ITフリーランスを紹介「Lancers Agent
■ディレクターへ一括業務委託「Lancers Outsourcing
■オンラインチームが業務代行「Lancers Assistant
■社外人材活用ソリューション「Lancers Enterprise

本件に関するご質問、取材申込み等のお問い合わせ先

■ ランサーズ株式会社 広報グループ 

E-mail:press@lancers.co.jp
URL:https://www.lancers.co.jp

一覧へ戻る