サイバー・バズと提携〜医師がクラウドソーシングを活用〜


ランサーズ、サイバー・バズと提携

~高い専門性をもった医師がクラウドソーシングの活用を開始~


日本最大級のクラウドソーシングサービス「ランサーズ」を運営するランサーズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長: 秋好 陽介)は、株式会社サイバー・バズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:高村 彰典)と医療分野での業務提携を発表しました。サイバー・バズが運営する「Doctors Me(ドクターズミー)に登録している医師が、ランサーズにも個々のスキルを登録することで、ランサーズのプラットフォームを通じて、より高度で専門性の高い医療分野でのスキル保有者に仕事をしていただくことが可能なりました。


1、クラウドソーシングで、より専門的で高度な仕事の依頼が可能に!
ランサーズは、「時間と場所にとらわれない新しい働き方を提案し、人々の幸せに貢献する」ことをミッションとして展開する、日本初かつ最大級のクラウドソーシングサービス「ランサーズ」の運営会社です。現在依頼数も累計37万件を超え、日本最大数の仕事取引が行われております。

 

サイバー・バズが展開する「Doctors Me」は、医師200人が登録している医療(ヘルスケア)Q&Aサイトです 。このサイトを使うことで、一般登録者は24時間いつでも、病気や怪我についての質問ができ、30分前後で回答を得ることができます。サイバー・バズは、確かなエビデンスを基に、医師免許の有無を確認しており、「Doctors Me」上での回答の信頼性を担保しています。

「Doctors Me」と「ランサーズ」が提携することにより、ランサーズに登録する約87,000の企業(発注者)が、医師200人へ、医療関連のライティングなど、高度な医療知識を必要とする仕事の相談を、クラウドソーシングで行うことができるようになります。

今回の提携によって、ランサーズでは、ヘルス関連のコンテンツのライティングなど、高い専門性が求められる仕事の受発注も引き受けることができます。


2、クラウドソーシングによって、医師のスキルが幅広く提供されるように!

サイバー・バズでは、「Doctors Me」に登録している医師たちに、サイト以外で、医療スキルを活かせる場を提供することができます。子育てや、介護で休職している医師に対し、クラウドソーシングを通じてスキルを活かす機会を提供することで、医師たちは、これまでになかった形で、医療に関する価値提供が可能になります。

ランサーズは、引き続きクラウド(群衆)の力を安心・安全に使えるクラウドソーシングプラットフォームを提供することで、企業のイノベーションをサポートします。
記載されている会社名、製品名、サイト名は各社の登録商標または商標です。


3、本プレスリリースに関するお問い合わせ先

取材、リンク、サービス内容など下記までお気軽にお問い合わせください。

※本広報資料の転送/引用は、ご自由にご利用ください。

  • ランサーズ株式会社(LANCERS.INC)
  • 本社所在地:〒150-0002
  • 東京都渋谷区渋谷3-10-13 渋谷Rサンケイビル 7F
  • メールアドレス: press@lancers.co.jp

 

SNS / ブログ[ SOCIAL MEDIA ]