日本ディレクション協会と提携


ランサーズ、日本ディレクション協会と提携
クラウドソーシングの活用促進を目指し、
スキル育成の機会を提供

〜 WEBディレクションニーズの高まりを受け、定期的にセミナーを開催 〜


日本最大級のクラウドソーシングサービスを運営するランサーズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:秋好陽介)は、日本ディレクション協会(会長:中村健太)と提携し、クラウドソーシング上で活用できるWEBディレクションのスキル育成を行っていきます。本取り組みの第一弾として10月18日(土)にWebディレクター、フリーランサーを対象にクラウドソーシング活用のための共同セミナーを国内で初めて開催します。ランサーズは、今回の提携を通じて、クラウドソーシング上で高まるディレクションニーズに応え、クオリティの高い制作物の流通を目指していきます。


1、概要
2008年に国内で誕生したクラウドソーシング「ランサーズ」は、依頼額333億円を越え、クライアント社数は9万社、会員登録は38万人のサービスへと成長しています。従来のクラウドソーシングでは、クライアントの発注スキルによって、納品される制作物のクオリティに差が出ることが課題としてあり、これらを解消するため、クラウドソーシング利用者のディレクションスキルの重要性が認識されていました。本提携により、ランサーズは、国内のWEBディレクターそしてフリーランサーに、WEBディレクションスキル育成の場を、定期的に提供することができるようになりました。ランサーズは、このような継続的な利用支援を行っていくことで、クラウドソーシング上のサービス、そして制作物のクオリティ向上を目指していきます。


2、セミナー概要
■日時: 平成26年10月18日(土)14:00

  1. 日本ディレクション協会の考えるディレクションの重要性
  2. クラウドソーシング概要説明、現状課題
  3. ディレクションが活躍するポイント
  4. クラウドソーシングで活躍するディレクションスキル

■懇親会: GARAGE AKIHABARA(〒101-0032 東京都千代田区岩本町3-6-5 木所ビル 3階)
登壇者:

  • ランサーズ株式会社 取締役 足立和久 氏
  • ランサーズ株式会社 ディレクター 木下慶 氏
  • 日本ディレクション協会 会長 中村健太 氏
  • 日本ディレクション協会 講師 田口真行 氏

参加者: 日本ディレクション協会のグループの方、WEBディレクターの方、ランサーズ会員の方<
主催: 日本ディレクション協会/ランサーズ株式会社/株式会社イノセンティブ
参加費: 無料


3、日本ディレクション協会とは

ディレクターのスキルの向上や、認知、地位向上を目的とした団体。活動内容は主に勉強会と交流会を定期的に行い、東京、関西、九州、そして学生含めて700名のコミュニティを形成している。


4、ランサーズ株式会社について
ランサーズは、「時間と場所にとらわれない新しい働き方を提案」する、日本最大級のクラウドソーシングサービス「ランサーズ」の運営会社です。 2008年12月より日本初のサービスを運営開始して以来、登録された仕事の予算総額は300億円を突破、上場企業を始めとし約90,000社にご利用いただいており、登録数は国内最多の約37万人となります。(2014年7月現在) 「地域活性化」を目指し、47都道府県で交流会を行いフリーランサー1人ひとりの声を集めるほか、地方自治体や行政とも協力体制を築き社会と共に新しい働き方を創り上げていく姿勢を大切にしています。
2014年8月より、クラウド(群衆)の力を企業が活用できる国内初の法人向けサービス「ランサーズオープンプラットフォーム」を開始。経営資源のオープン化を人材活用の側面から推進し、ベンチャー企業や大手企業の新規事業の支援を推進しています。また、日本で初となるフリーランス向け福利厚生サービスを開始したほか、育児等で時間の制約を受ける女性にテレワークの機会を提供することで「女性の新しい働き方の提案」を行うなど、『個人のチカラをエンパワーメント』し、新しいワークスタイル

SNS / ブログ[ SOCIAL MEDIA ]