クラウドソーシング協会、平成 26 年度「地域中小企業の人材確保・定着支援事業」を受託


クラウドソーシング協会、平成 26 年度「地域中小企業の人材確保・定着支援事業」を受託

~ 普及促進を担う「クラウドソーシング・プロデューサー」の輩出などを実施 ~


日本最大級のクラウドソーシングサービスを運営するランサーズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:秋好 陽介)は、当社が幹事企業を務める一般社団法人クラウドソーシング協会(以下、クラウドソーシング協会)と連携し、クラウドソーシング協会が富士ゼロックス株式会社、一般社団法人日本テレワーク協会との共同企業体として受託した地域中小企業におけるクラウドソーシング活用推進事業の取り組みを開始しました。


1、概要

当社が幹事企業を務めるクラウドソーシング協会はこの度、中小企業庁・全国中小企業団体中央会が実施する「地域中小企業の人材確保・定着支援事業」(地域中小企業におけるクラウドソーシング活用推進事業)の実施運営に参画します。本事業は富士ゼロックス株式会社を幹事法人、一般財団法人日本テレワーク協会との3団体で形成する共同企業体で受託しております。

時間や場所にとらわれないワークスタイルを実現するクラウドソーシングは、育児中の女性や介護などの対応で通勤型やフルタイムの就業が難しい人、また地方在住の人への就業機会を創造するとして、新たなインフラとして注目を集めています。

本事業は、大企業に比べ人材獲得が困難になりがちな中小企業・小規模事業者に対し、個人のスキルと空き時間をオンライン上でシェアするクラウドソーシングの活用を、下記 3 点の取り組みを通じて推進してまいります。

  •  1、クラウドソーシング活用を支援し、普及促進の役割を担う「クラウドソーシング・プロデューサー」の養成・認証
  •  2、全国 10 都市以上での中小企業を対象としたクラウドソーシング活用セミナーの開催
  •  3、中小企業におけるクラウドソーシングの導入実証クラウドソーシング・プロデューサーの募集、クラウドソーシング活用

セミナーについての詳細は、クラウドソーシング協会のホームページで随時ご案内してまいります。

クラウドソーシング協会ホームページ


2、本件に関するお問い合わせ先

クラウドソーシング協会 事務局  Email : support@crowdsourcing.jp


3、ランサーズ株式会社について

ランサーズは、「時間と場所にとらわれない新しい働き方を提案」する、日本最大級のクラウドソーシングサービス「ランサーズ」の運営会社です。 2008年12月より日本初のサービスを運営開始して以来、登録された仕事の予算総額は360億を突破、上場企業を始めとし101,000社以上にご利用いただいており、登録数は国内最多の約41万人となります。(2014年11月現在) 「地域活性化」を目指し、47都道府県で交流会を行いフリーランサー1人ひとりの声を集めるほか、地方自治体や行政とも協力体制を築き社会と共に新しい働き方を創り上げていく姿勢を大切にしています。2014年8月より、クラウド(群衆)の力を企業が活用できる国内初の法人向けサービス「ランサーズオープンプラットフォーム」を開始。経営資源のオープン化を人材活用の側面から推進し、ベンチャー企業や大手企業の新規事業の支援を推進しています。また、日本で初となるフリーランス向け福利厚生サービスを開始したほか、育児等で時間の制約を受ける女性にテレワークの機会を提供することで「女性の新しい働き方の提案」を行うなど、『個人のチカラをエンパワーメント』し、新しいワークスタイルの利便性向上・充実を目指しています。

 

SNS / ブログ[ SOCIAL MEDIA ]