リアルワールドと企業のクラウドソーシング導入促進に向けて業務提携



ランサーズ、リアルワールド
企業のクラウドソーシング導入促進に向けて業務提携

〜専門領域を組み合わせ共同で、クラウドソーシング普及を目指す〜


日本最大級のクラウドソーシングサービスを運営するランサーズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:秋好 陽介)は、マイクロタスク型クラウドソーシングサービス「CROWD」を運営する株式会社リアルワールド(代表取締役社長:菊池誠晃、本社:東京都港区、東証マザーズ:証券コード3691)と、企業のクラウドソーシング導入ニーズの高まりに応えるべく、共同ソリューションの開発をはじめとした事業提携を行っていくことを発表しました。同時に、リアルワールドとランサーズは、約119万の登録者を有する日本最大※1のクラウドソーシングプラットフォームとなります。(2015年2月時点)

 

RWリリース画像1

 


1、 提携の背景

クラウドソーシングはインターネットを通じて不特定多数の人に仕事を委託できるサービスです。現在、中小企業の人材不足が日本経済の課題となっている中、クラウドソーシングは中小企業の人材不足を解消し、個人の働き方に革命を起こす新たなビジネスモデルであると注目されています。その一方で、多数の企業がクラウドソーシング事業者として参入しており、またそれぞれ専門分野が異なっていることから、発注企業側にとって、どのサービスを利用することが自社にとってメリットがあるのか判断が難しくなっているという課題も指摘されていました。


2、 提携の概要

業務提携_取り組みず

受託業務を細分化することで特定のスキルのない人でも作業を可能とするマイクロタスク型クラウドソーシングサービス「CROWD」を運営するリアルワールドと、141種類の様々な仕事の取引ができる総合型クラウドソーシングサービス「ランサーズ」を運営するランサーズとが、それぞれの特性を活かし、顧客に合ったソリューションの提供を共同で行います。

 

両社が提携することで、ディレクションから納品までの工程をすべてカバーするワンストップでのソリューションの提供が可能になると共に、これまで以上に、一度で大量の仕事を受注することが可能になります。また、社内業務の効率化を考えている企業に対して、適切なクラウドソーシング・ソリューションを紹介するコンサルティングも実施していきます。発注企業のニーズの掘り起こしとコンサルティングを両社で行っていくことで、自社サービスへの登録者(ランサー※2)に対して、これまで以上の仕事機会を提供していくと共に、クラウドソーシングの健全な発展・普及を目指していきます。

※1:自社調べ

※2:ランサー:仕事を引き受けるフリーランサー(企業・個人)


3、 取り組みへの想い

ランサーズ_秋好

■ ランサーズ株式会社 代表取締役 秋好陽介
両者は、2008年から日本においてクラウドソーシング業界を切り開いてきました。
お互いの得意領域を生かして、企業のクラウドソーシング活用の普及に努めていきます。また、クラウドソーシング業界の健全な発展を行うことにより、「時間と場所にとらわれない働き方」により自分らしく働くランサーに仕事機会の支援を行っていきます。

 

リアルワールド_菊地

■ 株式会社リアルワールド 代表取締役社長 菊池 誠晃 氏
ランサーズ社のプロフェッショナルな業務領域と当社890万人会員をベースにした大規模な業務領域、両者の強みを合わせることで、発注企業様によりご満足していただけるサービス提供を実現します。ご期待ください。


4、 株式会社リアルワールドについて

「ネットからリアルへ」のミッションのもと、社会インフラとなるサービスの提供を目指し、時間や場所に関係なく、自分のペースで働くことができるクラウドソーシングサービス 「CROWD」、ネットショッピングやサービスの利用でポイントを貯めることができるクラウドメ ディアサービス「Gendama」「ライフマイル」、貯めたポイントを現金や電子マネーに交換する ことができる「ポイントエクスチェンジ」を運営。総会員数は 890 万人を超える。 (2014年12月末現在)

  • 会社名: 株式会社リアルワールド
  • 代表者: 代表取締役社長 菊池 誠晃
  • 設 立: 2005 年 7 月 29 日
  • 所在地: 東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー33階
  • 事業内容: クラウド事業・ポイントエクスチェンジ事業

5、 ランサーズ株式会社について

ランサーズは、「時間と場所にとらわれない新しい働き方の創造」することをビジョンに、日本最大級のクラウドソーシングサービス「ランサーズ」(http://www.lancers.jp/)の運営会社です。「地域活性化」を目指し、47都道府県で交流会を行いフリーランサー1人ひとりの声を集めるほか、地方自治体や行政とも協力体制を築き社会と共に新しい働き方を創り上げていく姿勢を大切にしています。2014年8月より、クラウド(群衆)の力を企業が活用できる国内初の法人向けサービス「ランサーズオープンプラットフォーム」を開始。経営資源のオープン化を人材活用の側面から推進し、ベンチャー企業や大手企業の新規事業の支援を推進しています。また、日本で初となるフリーランス向け福利厚生サービスを開始したほか、育児等で時間の制約を受ける女性にテレワークの機会を提供することで「女性の新しい働き方の提案」を行うなど、『個人の力をエンパワーメント』し、新しいワークスタイルの利便性向上・充実を目指しています。

SNS / ブログ[ SOCIAL MEDIA ]